【エコ洗剤】赤ちゃんの洗濯物を洗う際の注意点とおすすめの干し方 界面活性剤無添加で汚れを落とす

デリケートなお肌を持つ赤ちゃんの洗濯物は、大人向けの洗濯洗剤で一緒に洗濯を行うと、肌荒れやアレルギーを起こすなど、敏感に反応してしまうことがあります。そのため、赤ちゃんの洗濯物は、大人用とは別で洗う傾向にあり、また洗濯の際にも注意しておきたい点がいくつかあります。

こちらでは赤ちゃんの衣類を洗う際の注意点や、汚れの落とし方について解説します。また洗濯時の注意点に加え、洗濯物の干し方についても確認していきましょう。

株式会社オフィス・パイの「Naturo洗たく用洗剤」は、赤ちゃんの衣類の洗濯におすすめのエコ洗剤です。界面活性剤無添加などのおすすめポイントを踏まえながら、特徴をご紹介します。

赤ちゃんの物を洗濯するときの注意点は?

洗剤の量は少なめに

赤ちゃんの衣類やタオルを洗う際は、通常の洗濯に使用する洗剤に対して少なめに使用することがおすすめです。赤ちゃんは、自力で外に出て遊ぶこともないため、比較的身体や衣類が汚れることはあまりありません。そのため、少量の洗剤で十分洗うことができます。

すすぎはしっかりと行う

赤ちゃんの衣類やタオルは口に入れることも多いため、できるだけ洗剤が残らないように、すすぎは徹底して行いましょう。洗剤が残ってしまうと肌荒れの原因になるおそれがありますので、必ず洗剤が衣類やタオルに残らないようにしっかりとすすぐことが大切です。

「Naturo洗たく用洗剤」の場合は泡が立たないので、すすぎは1回で十分です。

お肌への刺激が少ない洗濯洗剤を選ぶ

赤ちゃんの衣類を洗濯するなら、赤ちゃん用の洗剤を選ぶことがおすすめです。別々に洗うだけで、同じ洗濯洗剤を使ってしまっては、あまり意味がありません。できるだけ刺激の少ないものを選び、お肌への負担を事前に防ぎましょう。界面活性剤無添加のものや、植物由来の成分入りの洗剤もおすすめです。

洗濯物のおすすめの干し方とは?

天候を確認してから干すこと

赤ちゃん用の洗濯物は、外に干すことが基本です。太陽光には殺菌効果があるといわれており、殺菌しながら衣類を乾かすことができます。しかし、黄砂や花粉、PM2.5などお肌に触れたくないものが飛んでいるときは、室内干しにしましょう。

ベビーハンガーを使用してしっかり乾かすこと

赤ちゃんの衣類は、ベビーハンガーを使用して全体をしっかりと太陽に当てながら乾かすことが大切です。使用頻度が少ないからといって、ベビーハンガーを使わない方も多いですが、ムラなく全体に日の光を当てた方がよいので、ベビーハンガーを必ず使用しましょう。

赤ちゃんの衣類を洗濯するなら汚れも落とせて環境にやさしい界面活性剤無添加のエコ洗剤を!

赤ちゃん用の衣類やタオルなど、直接お肌に触れる物を洗う場合、できるだけ刺激の少ないエコ洗剤で洗濯を行うことをおすすめします。また、エコ洗剤を使用する際にも洗剤の量やすすぎを徹底するなど、できるだけ赤ちゃんのお肌への負担を減らしましょう。

干し方に関しても、黄砂や花粉が飛ぶ時期は外へ干すのをやめるなど、気候に合わせることも必要です。注意点をチェックして賢く洗濯しましょう。

地球環境にもお肌にもやさしいエコ洗剤である「Naturo洗たく用洗剤」は、ミネラルの力を利用して汚れを落とす、界面活性剤無添加の洗濯洗剤です。このエコ洗剤は、炭酸塩が持つ陰イオンの力によって、衣類などに付着した汚れを浮かせながら取り除いていきます。

洗い上がり後は、衣類がイオンに包まれることで、汚れを付着しにくくしてくれます。

エコ洗剤は、柔軟剤の代わりにクエン酸の力でふんわり柔らかな洗い上がりになり、赤ちゃんだけでなく、デリケートなお肌を持つ方にも嬉しい洗浄力にも優れた洗剤です。エコ洗剤を取り入れて、地球環境にもお肌にもやさしい生活を送りましょう。

赤ちゃんの洗濯物にはエコ洗剤「Naturo洗たく用洗剤」をご利用ください!

会社名 株式会社オフィス・パイ
住所 〒169-0074 東京都新宿区北新宿4-8-16 北新宿君嶋ビル12B
電話 03-6908-9590
FAX 03-6908-9591
メール office-pi-md@mx1.ttcn.ne.jp