赤ちゃん用衣類の洗濯洗剤で避けたい成分やよくある疑問 無添加なら安心?

赤ちゃんのデリケートなお肌を守るには、洗濯洗剤選びが大切です。赤ちゃんのお肌に直接触れる衣類、そして摩擦が生じるタオルなどは、特に気をつけたいという方が多いのではないでしょうか。

そもそも洗濯洗剤には、どんな成分が入っており、赤ちゃんやデリケートなお肌を持つ方にとって、どのような刺激があるのでしょうか。安心して使える洗濯洗剤を選びたい方のために、赤ちゃん用の洗濯洗剤を選ぶときに避けたい成分、そして赤ちゃん用の洗濯洗剤に関する疑問点などをご紹介します。

また、無添加の洗濯洗剤とはどんなものなのか、株式会社オフィス・パイのNaturo洗たく用洗剤についても併せてご説明します。

赤ちゃん用の洗濯洗剤を選ぶときに避けたい成分って?

洗濯洗剤で避けたい成分1:界面活性剤

界面活性剤は、混ざり合わないとされる水と油を混ぜ合わせるために必要な物質です。しかしこの界面活性剤は、汗や水分に溶けることで、肌の内部に浸透してしまうといわれています。その性質により、肌荒れを起こしてしまうことがある注意したい成分です。

洗濯洗剤で避けたい成分2:蛍光増白剤

白さを保つために必要な蛍光増白剤は、清潔感のある洗い上がりが望める一方で、アレルギーを起こしやすい成分として問題視されています。赤ちゃんのデリケートなお肌にとって刺激になる可能性があるので、できるだけ避けたい成分です。

赤ちゃんの衣類用の洗濯洗剤に多い疑問って?無添加の洗濯洗剤は安心?

赤ちゃん用の洗濯洗剤は赤ちゃん以外にも使用可能?

赤ちゃん用の洗濯洗剤というものは、赤ちゃん以外にも使用することが可能です。特にお肌に関するアレルギー体質の方やデリケートなお肌を持つ方は、通常の洗濯洗剤によって肌荒れを起こす可能性もあるため、赤ちゃんも使える洗濯洗剤を使用することをおすすめします。

デリケートなお肌の方が洗濯洗剤を選ぶポイントとは?

デリケートなお肌を持つ方が洗濯洗剤を選ぶには、配合成分に気をつけるだけでなく、摩擦の少ないふんわりとした仕上がりの洗濯洗剤を選ぶとよいでしょう。ふんわり感のある仕上がりの衣類やタオルは、摩擦が少ないので、お肌への刺激を抑えることができます。

無添加の洗濯洗剤は安心できる?

低刺激で安全性の高い洗濯洗剤を選ぶとき、無添加という記載に安心感を覚える方も多いでしょう。無添加と記載された洗濯洗剤は、お肌への負担が少ないものが多いですが、必ずしもお肌にいいとは限りません。その理由に、無添加の洗濯洗剤は、洗浄力が弱いものや石鹸カスが残りやすいものもあり、かえって肌トラブルを起こすものもあります。無添加の洗濯洗剤を選ぶ際には、洗浄力の威力や性質、また石鹸カスが残りにくい液体洗剤を使うなど、少々注意が必要となります。

赤ちゃん向けの洗濯洗剤を選ぶなら「Naturo洗たく用洗剤」を!

赤ちゃん向けの洗濯洗剤をお探しなら、株式会社オフィス・パイが販売する「Naturo洗たく用洗剤」をご利用ください。「Naturo洗たく用洗剤」は、上記でご説明した洗濯洗剤で避けたい界面活性剤を一切使用していません。ミネラルが主成分ですので、お肌にやさしい成分でしっかり洗浄することができます。

またクエン酸の力で肌ざわりがよくなり、柔軟剤を使わずにふんわりと仕上がります。

一つひとつ含まれる成分にもこだわった、赤ちゃんから大人まで使える洗濯洗剤を実現しています。

赤ちゃんのための洗濯洗剤は含まれる成分の確認を!

洗濯洗剤は、洗剤の中に含まれる成分を確認しながら使用する洗剤を選ぶことで、成分によるお肌への負担を大幅に減らすことができます。特に避けたい成分を把握すれば、赤ちゃんの肌荒れの原因などがわかることもあります。

また、赤ちゃん用の衣類やタオルを洗濯する際に多い疑問点、そして無添加の意味を踏まえながら、注意点などもご紹介しましたので、安心・安全に配慮した洗濯洗剤を見つける際の参考にしてください。

赤ちゃん用衣類の洗濯洗剤をお探しなら界面活性剤無添加の「Naturo洗たく用洗剤」

会社名 株式会社オフィス・パイ
住所 〒169-0074 東京都新宿区北新宿4-8-16 北新宿君嶋ビル12B
電話 03-6908-9590
FAX 03-6908-9591
メール office-pi-md@mx1.ttcn.ne.jp