エコ洗剤は油汚れを落として除菌もできる弱アルカリ性を!環境にやさしいエコ洗剤とは?

エコ洗剤という言葉を耳にしたことがありますか?最近では、エコやサスティナブル、エシカルなどというように地球環境を考慮した様々な言葉があり、地球環境を見直すことへの動きが増えています。

そうした地球環境の維持と大きな繋がりがあるエコ洗剤とは、具体的にどのような洗剤を示しているのか、そして、エコ洗剤に含まれる成分について解説します。

株式会社オフィス・パイの「Naturo台所用洗剤」は、弱アルカリ性で頑固な油汚れに強く除菌もできるエコ洗剤です。ぜひお試しください。

エコ洗剤とはどんな洗剤?

エコ洗剤と聞いてどんな洗剤を想像しますか?「エコ」というワードが入っていることから、地球環境にやさしいイメージを持つ方が多いのではないでしょうか。では、具体的にどのような点が地球環境にやさしいのでしょうか。その他のメリットもご紹介します。

生分解性が高く環境への負担が少ない

エコ洗剤は、生分解性が高く環境への負担が少ないという特徴の洗剤です。この「生分解性」とは、微生物によって洗剤に含まれる成分などの物質を分解する方法のことです。生分解性が高いということは、使用後の排水に混ざった洗剤が素早く分解されていくため、地球環境への負担が少ないことがわかります。

また、この生分解性は、人が手を加えることなく自然にかえってくれるので、できるだけ早く分解できる成分が含まれていることが理想です。

身体にもやさしい洗剤が多い

エコ洗剤は、原料が少なくシンプルなものが多いことから、身体への負担も少なくやさしい洗剤が多いのもポイントの一つです。合成香料や着色料・保存料などの化学物質があまり含まれていないものも多いため、負担が少ない洗剤が選びやすいのもポイントです。

エコ洗剤の成分とは?環境にやさしい弱アルカリ性の洗剤をチェック!

地球や身体にやさしいエコ洗剤とは、どのような成分でできた洗剤なのでしょうか。そもそもエコ洗剤の「エコ」は、エコロジーの略称であり、生態学・自然環境などといった意味を持つ言葉です。環境への負担を抑えて作られているものが多いことから、化学的な成分を抑えたり、使用する原料の栽培方法を徹底したりと手間暇が加えられています。

エコな考えを取り入れたエコ洗剤は、天然由来の成分を取り入れたものが多いという特徴があります。またアルカリ性のものも弱アルカリ性、酸性のものも弱酸性などというように強さを抑えているものもあります。

エコなものの中には、多様な用途のある商品もあり、ハンドソープで髪や顔が洗えたり、石鹸が食器用洗剤になったりと負担が少ない分、様々な使い方ができるのが特徴といえるでしょう。

油汚れをしっかり落として除菌するならエコ洗剤「Naturo台所用洗剤」を!

株式会社オフィス・パイの「Naturo台所用洗剤」は、ミネラルを主成分としたお肌にやさしいエコ洗剤です。界面活性剤の配合割合をできる限り抑えた、地球にやさしい洗剤となっています。また、弱アルカリ性であるため油汚れもしっかりと落とし、除菌力にも優れています。

環境にやさしいエコ洗剤で油汚れ落としや除菌もできる「Naturo台所用洗剤」

エコ洗剤は、環境を考慮した洗剤でありながらも油汚れをしっかりと落としてくれる洗剤です。弱アルカリ性のエコ洗剤を選ぶことで、油汚れも落としながら、環境に配慮することができます。

株式会社オフィス・パイの「Naturo台所用洗剤」は、ミネラルを主成分としているため、お肌への負担が非常に少ない台所用洗剤です。界面活性剤をできる限り使用していないため、環境にもやさしいので、ぜひ一度お試しください。

エコ洗剤は油汚れに強く除菌もできる、弱アルカリ性の「Naturo台所用洗剤」をお選びください!

会社名 株式会社オフィス・パイ
住所 〒169-0074 東京都新宿区北新宿4-8-16 北新宿君嶋ビル12B
電話 03-6908-9590
FAX 03-6908-9591
メール office-pi-md@mx1.ttcn.ne.jp