赤ちゃんの洗濯洗剤は界面活性剤無添加を!赤ちゃんのお肌はなぜデリケート?刺激や肌ざわりに注意

赤ちゃんのお肌は、大人の肌に比べてなぜデリケートといわれているのでしょうか。その理由には、赤ちゃんが持つお肌の構造に秘密があるといわれています。デリケートなお肌を持つ赤ちゃんの皮膚の機能について、詳しく解説します。

赤ちゃんのデリケートなお肌に触れる衣類やタオルを洗うなら、低刺激や界面活性剤無添加など、洗濯洗剤にこだわるのもおすすめです。こちらでは株式会社オフィス・パイの「Naturo洗たく用洗剤(界面活性剤無添加)」の特徴もご紹介します。

赤ちゃんのお肌はとてもデリケート!

赤ちゃんのお肌は、大人の肌に比べてとても薄いといわれています。皮膚は、大人・子ども関係なく、肌の表面から「表皮」・「真皮」・「皮下組織」の3層からできています。赤ちゃんのお肌は、3層それぞれがまだ成長過程のお肌であるため、大人の半分の厚さしかないといわれています。

一見、赤ちゃんのお肌は、潤いのあるぷるっとしたお肌と思われがちですが、しっかりと保湿をしないと乾燥しやすく、またバリア機能もまだまだ低いことから、摩擦などでも肌荒れを起こしてしまうほど弱いのが特徴です。

そんな薄くてデリケートな赤ちゃんのお肌にとって、直接肌に触れる衣類やタオルも大切なポイントの一つになり、これらを洗う洗濯洗剤にも気をつける必要があります。

洗濯洗剤の中には、赤ちゃんのデリケートなお肌にとって、刺激が強い成分が含まれている場合があります。

また洗い上がりによっては、毛羽立ちなど肌ざわりが気になるものもあるため、赤ちゃん用の洗濯洗剤を使用するのもおすすめです。

赤ちゃん用の低刺激なものや、洗い上がりの肌ざわりもよい界面活性剤無添加のものを選ぶことにより、肌トラブルの予防にも繋げることができます。

お肌がデリケートなのは皮膚の機能にあった!

赤ちゃんのお肌というのは、肌が薄いというだけでなく、実はその皮膚の機能に大きな理由があるといわれています。その理由の一つが、「バリア機能」の発達です。

赤ちゃんのお肌は、3層の皮膚機能が薄いということに加え、乾燥や摩擦などといった周りからの刺激からお肌を守るためのバリア機能がまだまだ未発達です。

バリア機能が未発達な上に、汗や涙、よだれなどで肌を汚してしまい、さらに汚れを拭うためにタオルで摩擦を繰り返すことによる刺激が一つの要因となっています。

特に汚れを拭うためのタオル、そして身につける衣類は、毎日触れるものでもあるため、赤ちゃん用の洗濯洗剤を使用することをおすすめします。

赤ちゃんのお肌に触れるものを洗うなら「Naturo洗たく用洗剤」を!

赤ちゃんのための洗濯洗剤をお探しなら、株式会社オフィス・パイが販売する界面活性剤無添加の「Naturo洗たく用洗剤」をご利用ください。「Naturo洗たく用洗剤」は、界面活性剤を一切使用せず、ミネラルの力で汚れを落としていきます。精製水以外はすべて食品添加物を使用し、ミネラル成分を主成分にすることで、赤ちゃんやお肌の弱い方でも安心して使えるやさしい洗剤を実現しています。

また、肌への刺激になりやすい柔軟剤を使用せずにクエン酸の力でふんわりとした洗い上がりになり、低刺激な洗濯洗剤となっています。

汚れが落ちる仕組みについては、こちらの動画をぜひご覧ください。

赤ちゃんのお肌を守るなら低刺激で肌ざわりのいい洗い上がりの洗濯洗剤を!「Naturo洗たく用洗剤」は界面活性剤無添加

赤ちゃんのお肌は、皮膚が薄い上に汗をかきやすく、乾燥しやすいデリケートなお肌です。バリア機能がまだまだ弱いため、刺激を受けやすいことから、肌ざわりなどできるだけお肌への刺激を減らすように心がけることが大切です。

株式会社オフィス・パイの「Naturo洗たく用洗剤」は、お肌への負担が少ない界面活性剤無添加の洗濯洗剤です。デリケートなお肌を持つ方の衣類やタオル洗濯に、ぜひ一度ご利用ください。

赤ちゃんの洗濯洗剤は界面活性剤無添加の「Naturo洗たく用洗剤」をご利用ください!

会社名 株式会社オフィス・パイ
住所 〒169-0074 東京都新宿区北新宿4-8-16 北新宿君嶋ビル12B
電話 03-6908-9590
FAX 03-6908-9591
メール office-pi-md@mx1.ttcn.ne.jp