植物性界面活性剤の洗剤(台所用)は泡切れがよく汚れもスッキリ!植物性の洗剤が環境にやさしい理由

2030年問題といわれるSDGsの提示などをきっかけに、地球環境を意識した動きが目立つようになった現代。家庭でも様々な環境に関する取り組みが実施されており、人々の意識が変わりつつあることが伺えます。

地球環境を考慮した、明日にでも行える取り組みを実施するなら、台所用の洗剤を地球環境を考慮したものに切り替えてみませんか?数あるエコな洗剤の中でも、植物由来の成分を利用した植物性界面活性剤入りの洗剤がおすすめです。

なぜ植物由来の洗剤が環境にやさしいのか、そして植物性界面活性剤入りの「Naturo台所用洗剤」の特徴もご紹介します。

植物性の洗剤はなぜ環境にやさしい?界面活性剤は必ず入っている?

植物性の洗剤は、なぜ環境にやさしいといわれているのでしょうか。植物性の洗剤は、原料となる素材や成分が自然由来のものをメインに、洗浄成分を作り上げています。また、主に天然由来の成分を原料にしており分解されやすく、分解スピードも早いため、川や海などの自然界に流しても環境への負担がかかりにくいという利点もあります。

洗剤には界面活性剤が必ず入っている?

一般的な洗剤には、泡立ちや汚れを浮かしやすくするために界面活性剤が含まれています。界面活性剤は洗浄効果が上がるため、とても便利なものである一方で、分解されにくい性質を持っていることから、植物性の洗剤やエコな洗剤には含まれていないものがほとんどです。

しかし中には、天然由来の界面活性剤もあります。自然界でできた成分から作り上げているため、化学的な界面活性剤に比べて分解されやすく、環境への負担になりにくいことから、天然由来の界面活性剤を取り入れた洗剤もあります。

植物性の台所用洗剤は、環境にやさしいだけでなく、お肌への刺激が少ないのも大きなポイントになります。毎日家事で使用する洗剤で手荒れにお悩みの方は、植物性の台所用洗剤を選んでみるとよいでしょう。

植物性の台所用洗剤はきちんと洗える?汚れの洗浄力をチェック!

株式会社オフィス・パイの「Naturo台所用洗剤」は、他のエコ洗剤に比べて、1回の洗剤使用量が少なくて済むという利点があります。合成界面活性剤を使用せずに作り上げているため、余分に泡が立つことがありません。その分、すすぎ洗いの回数も減ることから、電気代や水道代などを抑えることにも繋がります。

「Naturo台所用洗剤」は、経済的にもコスパがよい洗剤といえます。

植物性界面活性剤入りの「Naturo台所用洗剤」なら泡切れもよく環境にもやさしい

ヤシ油由来の植物性界面活性剤を使っている「Naturo台所用洗剤」は、ユーザーのニーズに寄り添った台所用洗剤です。お肌にやさしいミネラルを主成分にした洗剤でありながらも、洗い心地を求めるユーザーの声を取り入れ、ほんの少し植物性界面活性剤を加えることで、洗い心地のよい台所用洗剤を実現しています。

環境のことを考え、ヤシ油由来の植物性界面活性剤を使用し、弱アルカリ性の成分が食器にこびり付いた汚れをしっかり浮かしながら落としてくれます。

また、「Naturo台所用洗剤」は、除菌率99.99999%という優れた除菌力を持ち合わせているため、機能性も高い台所用洗剤です。

※除菌率の詳しい説明は、こちらの動画をご覧ください。

環境を考慮しながら汚れが落ちる!植物性界面活性剤使用の「Naturo台所用洗剤」

植物性の台所用洗剤は、天然由来の原料で作られたものであるため、低刺激で地球環境にもやさしい洗剤です。「Naturo台所用洗剤」はミネラルを主成分にしているため、エコでデリケートなお肌をお持ちの方でも使用することができます。エコ洗剤の中でも洗浄力が優れており、しっかりと汚れを落とすことができますので、ぜひご活用ください。

植物性界面活性剤の洗剤をお探しなら、株式会社オフィス・パイへ

会社名 株式会社オフィス・パイ
住所 〒169-0074 東京都新宿区北新宿4-8-16 北新宿君嶋ビル12B
電話 03-6908-9590
FAX 03-6908-9591
メール office-pi-md@mx1.ttcn.ne.jp